SEARCH

Linux Install

Android

Linux Tools

Linux AV

Linux Memo

WINDOWS

PROGRAM

動画 Memo

音楽 Memo

モバイルアプリ Memo

FILE FORMAT

PROTOCOL

DEVICE

BookMark

その他


mount   

mount 基礎

mountコマンドの場合

mount -t 【ファイルタイプ】 【デバイス】 【マウント先】 -o 【オプション】

terastation mount

  • smbmount //192.168.0.99/dir /mnt/tera -o username=hogehoge,ip=192.168.0.99,lfs

    ※ lfs をつけないと2Gのファイルしかつくれない。


  • dd if=/dev/sda bs=1M |gzip -c > ./image.tar.gz

コマンド一覧

  • modprobe
  • lsusb
  • fdisk -l

fstab の場合

【デバイス】 【マウント先】 【ファイルタイプ】 【オプション】【ボリュームをダンプする必要があるか】【起動時にfsckによるチェックを行うか】


  • ファイルタイプ : ntfs ext3 等
  • デバイス : /dev/hda1 等
  • マウント先 : /mnt/hda1 等
  • オプション : ro,username=【user】,password=【pass】 等

※ knoppix で HDDのデータ直そうと思ってたら

起動直後は read only でマウントされてしまう。

mount -o rw でマウントしなおすべし


samba(windows) mount

regacy fedora core の場合

windows のディレクトリをマウントする
まずsamba を入れる

# emacs /etc/fstab
 //192.168.0.150/d       /mnt/win/         smb     gid=【groupID】,uid=【userid】,password=pass 0 0
# mount -a  

最近のFCの場合

mount -t cifs //192.168.0.150/d  /mnt/win/   -o username=【user】,password=【pass】,iocharset=euc-jp
 //192.168.0.150/d       /mnt/win/         cifs     gid=【groupID】,uid=【userid】,password=pass 0 0

参考文献

http://academy.dts.ne.jp/lpic/lpic_8.html

NTFS

fedora core 6 の場合

準備

yum -y install ntfs-3g 

mount(手動)

mount -t ntfs-3g /dev/hda1 /mnt/windows -o umask=0002,nls=utf8 

fstab

/dev/hda1 /mnt/windows ntfs-3g ro,umask=0002,nls=utf8 

regacy fedora

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/624ntfsrw.html

/etc/fstab

/dev/hda1 /mnt/Windows-NTFS  ntfs ro,umask=0022,noauto,owner,user 0 0
参考 http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=9&TID=3508

nfs

設定
# emacs /etc/exports
/home/project 192.168.0.*(ro,sync)
/etc/rc.d/init.d/portmap restart
/etc/rc.d/init.d/nfs restart
必要に応じて chkconfig  

mount側

# yum install nfs-util
# mkdir -p /mnt/mountpoint
# mount -t nfs -o vers=2 192.168.0.7:/home/project /mnt/mountpoint

※ 新しい方から古い方をマウントするときにはnfsのバージョンが違うことがある

ので -o vers=2 をつけている

あるいは /etc/fstab に書いておく
192.168.0.7:/home/project     /project      nfs    defaults        0 0

参考

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/367usenfs.html
http://shirata.ddo.jp/papa/blog/2008/03/fedora78nfs.html

USB HDD

再起動やら挿し口がかわると /dev の場所が変わるので自動マウントしたい場合は工夫が必要。

ちょっと場当たり的に対処してたので、UUIDと autofsを使ってちゃんとする。

UUID

HDD 固有のID がついているので調べる

blkid /dev/sda1
/dev/sda1: UUID="16ACC391ACC369B7" LABEL="0804" TYPE="ntfs"

autofs

yum install autofs
chkconfig --add autofs 
emacs /etc/auto.misc

追記

0804  -fstype=ntfs            :UUID="16ACC391ACC369B7"
service autofs restart
emacs /etc/rc.d/init.d/mount
#!/bin/bash
#
# mount        USB mounting script
#
# chkconfig: 345 99 36
# description: USB HDD auto mounting script
# processname: mount
# pidfile: /var/run/mount.pid

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Path
prog=mount
pidfile=${PIDFILE-/var/run/mount.pid}
lockfile=${LOCKFILE-/var/lock/subsys/mount}
RETVAL=0

start() {
      echo -n $"Starting $prog: "
      /root/mount.pl
      RETVAL=$?
      echo
      [ $RETVAL = 0 ] && touch ${lockfile}
      return $RETVAL
}
stop() {
      echo -n $"Stopping $prog: "
      umount /mnt/home
      RETVAL=$?
      echo
      [ $RETVAL = 0 ] && rm -f ${lockfile} ${pidfile}
}

# See how we were called.
case "$1" in
 start)
      start
      ;;
 stop)
      stop
      ;;
 restart)
      stop
      start
      ;;
*)
      exit 1
esac

exit $RETVAL
#!/usr/bin/perl

@res = `fdisk -l`;

foreach $line (@res){
   $line =~ s|\r\n||g;

   if ($line =~ m|^(/dev/s.*?) |){
       $dev = $1;
       $mnt = $dev;
       $mnt =~ s|dev|mnt|;
       $mnt =~ s|\r\n\s||g;

       if (-e $mnt) {
       }else{
           &command("mkdir $mnt");
       }
       &command("/bin/mount -t ntfs $dev $mnt");
   }
}
1;

sub command(){
   $com = shift;
   printf "$com\n";
   system($com);
}