SEARCH

Linux Install

Android

Linux Tools

Linux AV

Linux Memo

WINDOWS

PROGRAM

動画 Memo

音楽 Memo

モバイルアプリ Memo

FILE FORMAT

PROTOCOL

DEVICE

BookMark

その他


VMWare   

VMWareを使用するにはVt-x をBIOSでONにする必要がある

概要

CentOS 6.5 のイメージファイルの作成メモ

VMWarePlayer をインストール

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0
windows64bit版
VMware-player-6.0.1-1379776.exe

OS のインストールイメージダウンロード

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6.5/isos/x86_64/CentOS-6.5-x86_64-minimal.iso

イメージの作成

新規仮想マシンの作成
後でOS をインストール
Linux
CentOS 64 ビット
仮想マシン名
  CentOS-6.5-mini
場所
  C:\Users\【ユーザ名】\Documents\Virtual Machines\CentOS-6.5-mini
仮想ディスクを単一ファイルとして格納
ハードウェアをカスタマイズ
  新規 CD/DVD
    ISOイメージファイルを使用する
      CentOS-6.5-x86_64-minimal.iso

  ネットワーク接続
    ブリッジ(ホストPCと同じネットワーク上にdhcpサーバが居る場合)
    NAT(ホストPCの中にサブネットを作る場合)
完了
仮想マシンの再生
install or upgrade an existing system

ディスクのチェック

skip
Next

言語の選択

Japanese(日本語)

キーボードの選択

日本語

どちらのタイプのストレージデバイスにインストールしますか?

基本ストレージデバイス

ストレージデバイスの警告

していません。どのようなデータであっても破棄してください

ネットワークの設定

編集
ホスト名: example.com
ネットワークの設定
  レ 自動接続する
  適用
次
システムクロックで UTC を使用 >> はずす

root パスワード

パスワードを設定して次

どのタイプのインストールをしますか?

すべての領域を使用する
変更をディスクに書き込む
再起動

BEEP音の無効化

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\VMware\preferences.ini

mks.noBeep = "TRUE"

他のPCにイメージを持っていく場合

上記状態で保存したイメージを再度VMWare で起動した場合、最初に「移動」か「コピー」かを問われる。

「コピー」の場合はNICが認識できなくなるため、下記作業が必要になる

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

eth0 の 行を 削除
eth1 の 行を eth0 に変更

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

echo HWADDR=`egrep -o -e '[0-9a-f:]{17}' /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ` >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
1個目のHWADDR の行を消す
reboot